arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

鍛造/熱間成形マシン用モニタリングソリューション

ブランカンプモニタリングシステムは、マシンと工具の過負荷からの保護、工程で発生する問題の検出、生産されるワークの品質改善、およびマシンの高速セットアップの際のオペレーターサポートを行います。生産に問題が発生した場合は、結果的にマシン、工具、またはトランスファーへの損傷を防止または最小化するために、早い段階でマシンを停止します。通常、ワークピースに個別かつランダムに発生することが多い鍛造ワークの品質欠陥(挿入、穴あけ、またはトランスファーの誤差など)が検出されると、生産が中断しないように、選別装置が動作します。不具合検出は、自動鍛造マシンで生産されたすべてのワークに対する全数インプロセスモニタリングで実行されます。

モニタリングシステムは、工程とその安定性に対する知見を得るため、生産不良および品質変動を検出するため、および必要に応じて制御された方法でマシンに介入(選別)するための、効果的な方法です。ワークピースの変形誤差は、挿入、成形、または排出の際に発生する可能性があります。マシンフレーム、単一成形ステーション、トランスファー/材料ストップにセンサーを取り付けることによって、適切なモニタリング方法を使用して工程信号を測定および評価できます。これにより、マシンと工具の過負荷の防止、品質欠陥の検出、マシン効率の向上、およびセットアップ時間の大幅な短縮を実現します。

マーポスの目標は、お客様が最高の生産性と製造品質を達成するための手助けをすることです。毎月のワーク生産数が数百万個に達する場合にマシン、工具、および品質を効率的にモニタリングするには、ブランカンプモニタリングシステムを使用します。

鍛造/熱間成形マシン用モニタリングソリューション
利点
  • マシンと工具を精密に保護して、結果的な損傷とダウンタイムを回避し、修理費用を削減
  • 製造品質を詳細に制御して、品質レベル(0 ppm)を改善
  • 実行時間の延長、ダウンタイムの短縮、および生産速度の最適化により生産性を向上
  • 不具合の早期検出により工具と不良品のコストを削減
  • 工程に対する知見により、セットアップ時間を短縮し、生産を最適化
  • ワークカウント(良品ワークと不良品ワーク)のさまざまなカウンター、シフトの実績と工具寿命の記録、品質検査とメンテナンス間隔のカウンター、ワーク/木箱とボックスカウンターのカウンターを使用してオペレーターをサポート
  • 品目に関する生産性分布(生産、セットアップ、ストップ、排除)の記録により、ワークコストを正確に計算可能
  • 外部プログラムとの通信用ネットワークインターフェース(MDE/BDE/MES、Teleservice、IoT)
  • 生産について包括的に文書化されるので、精密な実行時解析と不具合追跡が可能
詳細

仕組み

マシンの過負荷を回避するために、校正済みの歪みセンサーが、マシンの総負荷をフレームの両側で測定し、さらに総加工力も測定します。低押圧力を評価できるように、未校正の力センサーを個々の成形ステーション(受圧板または押圧片)に取り付けます。加工力測定のほかに、排出力またはグリッパーモニタリングをモニタリング対象に含めることもできます。これにより、個々のステーションで発生する可能性がある過負荷を、ダブルローダーより前に検出できます。  さらに、特別なモニタリングチャンネルで、バー材ストッパーにかかる力を評価できます。バー変更の際は、アイドルストローク信号の偏差によって薄片を検出できます。

特別な機能

  • フレームの負荷と総加工力の測定を校正済み
  • バー変更時の詳細なモニタリングと制御
  • 短いカットオフの検出およびバーフィードの最適な設定のためのワイヤーストップモニタリング
  • グリッパーのトランスファーモニタリングによる排出誤差とベタつきのあるワークの検出
ダウンロード
Top お問い合わせ
Close
Close