arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

光学検査による鋳造ワークの欠陥の検出

鋳造工程を用いたワークの生産において最も重要となる要素の1つに、リークの抑制があります。従来のリークテストでは、他のワーク表面との連結にガスケットを必要とするシール面を除き、鋳造ワークに存在する水、油、燃料などのあらゆる回路を検証することができます。これらの表面にポロシティなどの欠陥があると、シール面でリークが生じ、最終製品の故障につながる可能性があります。

以下の画像は、ロボットによりロードされるシール面の欠陥検出アプリケーションの例です。マーポスの20 Mpxlカメラを装備した2台の光学測定ユニットとドーム型イルミネーターが使用されています。

Optical Inspection For Defects Detection On Casted Parts
詳細

マーポスが提案するソリューション、非接触式測定システム(マシンビジョン)では、シール面上の鋳造の欠陥を検出できます。適切な数の固定式またはロボット操作式高解像度カメラを使用してコンポーネントの最も重要なセクションをテストし、欠陥の検出、各欠陥のフェレ径の測定、隣接する欠陥からの距離の検出、検査表面上の欠陥密度の特定を行います。この検査は、従来型燃焼機関のエンジンブロックから電気自動車のEDUユニットまで、あらゆる種類のハウジングに適用できます。

optical-inspection-for-defects-detection

defects-detection-on-casted-parts

この画像は、マーポスの20 Mpxlカメラを装備した光学測定ユニットでシール面の欠陥を検出するマニュアルローディングベンチです。

利点
  • 非接触式
  • 高速で正確
  • 同じサンプルのさまざまな表面を柔軟に検査可能
バージョン

手動または自動テストアプリケーション

スペック
  • お客様の仕様に合わせた構成が可能
ダウンロード

製品

Top お問い合わせ
Close
Close