arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

ステーターの寸法測定と検査

ステーター巻線型かヘアピン技術が使用されているかに関わらず、ステーターの組み立て工程には、最終製品の十分な処理能力と品質を確保するために注意深く制御する必要のある一連の複雑な作業が伴います。

ステーターの寸法測定と検査
詳細

板金スタックを組み立てる初期段階は、ハードゲージ属性ゲージ、または単純なマニュアルゲージソリューションにより制御できます。

絶縁紙およびヘアピンの組み立て工程の適正性をチェックする場合は、より高度な半自動または全自動アプリケーションをご提案します。光学技術を同じ測定ステーションに組み込んで使用することで、後続の溶接工程の準備として、ヘアピンが正しく配置されていることを寸法検査によって確認できます。同時に、絶縁紙の配置またはステータースタック内面に存在する可能性のある欠陥を定性的に解析することも可能です。

ステーターへの冷却ジャケット組み立て時に生じた形状誤差は、ハウジングの密封性やローターとステーター間のエアギャップの対称性に影響する可能性があります。マーポスは、ステーター用の特殊な接触式ゲージステーションをご用意しています。これらのステーションでは、内径および外径の測定チェックや、内軸に対する外径の同心度の動的測定が可能なため、冷却ジャケットとの組み立て工程を適切に制御することができます。

また、冷却ジャケットのシール面のポロシティやその他の表面欠陥を検査するための渦電流技術を使用することで、ガスケットシートのように視覚的手法では直接アクセスできない位置にあっても、組み立てコンポーネントの定性解析を実行できます。

同じゲージステーションに多様な技術(外観検査、光学測定、接触式測定、NDT渦電流技術)を組み込むことができるため、組み立てたステーターの完全な品質検査を実施できる複雑なアプリケーションを構成することも可能です。

 

利点
  • 各組み立て工程後のポストプロセスアプリケーションのための自動ソリューション
  • ソリューションを組み込んで完全な最終品質検査を構成可能
  • 大量生産におけるインライン管理を最小限のサイクルタイムで実行
  • お客様の仕様に合わせた製作が可能
  • 堅牢な構造
スペック

お客様の要件に合わせた定義が可能(画像のゲージを参照)

  • スタックの内径を複数の断面で測定
  • 組み立て後の冷却ジャケットの外径と真円度を測定
  • 冷却ジャケットの外径と内軸の同心度を測定
  • ガスケットシートの欠陥を検査
バージョン
  • マシンビジョンソリューションによる絶縁紙の検査
  • 光学ゲージソリューションによるヘアピン位置の測定
  • 接触式技術による、冷却ジャケットへの組み立て前後の寸法測定
  • 渦電流技術による冷却ジャケットのガスケットシートの検査
  • ソリューションを組み込んで完全な最終品質検査を構成可能
ダウンロード

製品

Top お問い合わせ
Close
Close